1,000万円を超えた個人事業主の所得税

個人事業主になると、「これから、ちゃんと利益を出せるだろうか?」と不安に感じていた方も多いと思います。「会社に所属していた頃よりも、所得が減ってしまったらどうしよう?」と心配になっていた方もいるでしょう。個人事業主として仕事をスタートした時には、みなさんこういった心配や不安を抱えていたと思いますが、ある程度の年月が経つと「目標の利益を叶えることが出来た」という方も多いのではないでしょうか。

収入アップのために、個人事業主になった方の中には、「年収1,000万円を目指そう」と考えていた方もいると思います。この目標を達成した方は、「やっと、目標を達成した」と喜んでいる方もいるでしょう。では、所得1,000万円を超えた方も注意したい所得税についてご紹介しましょう。年収1,000万円を超えると、達成感を感じている方もいると思います。「これだけの所得があれば、ずっと描いていたマイホームを建てることができる」と考える方もいるのではないでしょうか。しかし、これだけの所得を得たということは、納める必要がある所得税のことも考えておかねばなりません。「自分で、税金の手続きをしなければいけないのは分かっているけれど、1,000万円を超えるとどのくらいの所得税がかかるのだろう?」と思っている方も多いでしょう。

個人事業主の方の場合には、課税所得900万円から1,800万円以下の場合には33パーセントの税率がかかることになり、1,536,000円の税金控除を受けることが出来ます。そして、所得税としては、1,434,000円から4,404,000円程度の税金がかかることになります。1,800万円を超えた方の場合には40パーセンントの税率となり、4,404,000円以上の所得税が課せられることになります。ということは、個人事業主の場合には利益が大きければ大きいほど、所得税額も大きくなるということ。このように、個人事業主の方は利益が上がれば嬉しいと感じる方が多いと思いますが、その分所得税額も大きくなることは忘れていはいけません。