利益1,000万円以上の経費

個人事業主となれば、仕事も自由に決めることが出来ますし、報酬額に関してもクライアントの交渉次第で自由に決めることが出来ます。そのため、「会社勤めの頃よりも、収入が上がった」という方もいるでしょう。しかし、個人事業主となれば、本来の仕事だけではなく、経営や経理といった雑務も自分でこなすことが必要となります。今まで、経理に携わってきたことがない方にとっては、戸惑う方も多いのではないでしょうか。

では、個人事業主の経費について、ご紹介しましょう。個人事業主になり、利益が1,000万円となると「個人事業主になってよかった」と感じる方も多いと思います。「これだけ利益を得ることが出来れば、これから生活が楽になる」と感じている方もいれば、「以前から欲しいと思っていた物を、購入しよう」と考える方もいるでしょう。しかし、個人事業主の場合には、1,000万円の利益が出たとしても、これがすべて収入になるわけではありません。個人事業主の方の場合には、ここから税金を支払うことが必要となるため、全て使ってしまうと税金の支払いが出来なくなってしまうため、注意が必要です。個人事業主の方の所得は、売上から経費を差し引いた金額となります。経費には、税金なども含まれていますから、これらも考えながら管理していくことが必要です。個人事業主の方の課税所得は、所得から基礎控除となる38万円を引き、そこから所得控除を引いた金額。税金に関しては、課税所得に税率をかけた金額となります。所得控除では、年末調整時に医療費控除や生命保険料などを申告することで控除することが出来ます。

このように、個人事業主の方で「1,000万円の利益が出た」という方も、喜んでばかりはいられません。ここから、税金の支払いを行うことになりますから、これらも考えてお金の管理をしっかりと行っていくことが必要となります。